既定のアプリ変更

ウインドウズ10のインターネットは、今までのインターネットエクスプローラーではなく「マイクロソフトエッジ」という新しいブラウザが標準装備されています。ウインドウズ7やウインドウズ8から、ヴァージョンアップされた方は少なからず戸惑うんじゃないですか?
お気に入りはどこに行ったの?とか「ファイル」「編集」「表示」などのメニューバーがなくなったとか表示できないとか。「エッジ」の利点もあるのでしょうけど、使い慣れた「インターネットエクスプローラー」に変えたい!という方の為に変更方法を書いていきます。

IEとedgeの違い.jpg

IEとedgeの違い2.jpg


まず、「スタートボタン」をクリックし「設定」をクリック

既定のアプリ1-1.jpg

「システム」をクリック

既定のアプリ2-1.jpg

「既定のアプリ」をクリック

既定のアプリ3-1.jpg

Web ブラウザ 「Microsoft Edge」をクリック

既定のアプリ4-1.jpg

「Internet Explorer」をクリック

既定のアプリ5-1.jpg

この設定により、「既定のブラウザ」はインターネットエクスプローラーに変わります。
また、「インターネットエクスプローラー」が画面に出ていないので、これから「スタート画面」にピン止めする設定を行います。

「Cortana」の中をクリックし、「インターネット」と入力したらデスクトップアプリ「InternetExplorer」がでてきます。

IEをピン止め1-1.jpg

「InternetExplorer」を右クリック

IEをピン止め2-1.jpg

「スタート画面にピン止め」をクリック

IEをピン止め3-1.jpg

スタート画面にピン止めされました

IEをピン止め4-1.jpg

この記事へのコメント

スポンサーリンク